TOP > トンネル形式構造

トンネル形式構造

 トンネル形式は、エレメントをアーチまたは円形に配置して、列車荷重や土圧を支持するものです。
URT (トンネル形式) 
ボタン




標準エレメント

 θを変えることによって、工事内容にあわせて配置曲率を調節できます。  標準エレメント断面(トンネル形式)

構造特徴

● エレメントを推進しコンクリートを注入することで、アーチ構造が出来上がる
 
 ため、工種が単純で工期を短くできる。

● 現場でエレメントを溶接により繋ぎながら推進できるので、トンネルを長く
  できる。(最長実績80.5m)但し、下路桁形式に比べ土被りが大きい。
   デットスペースができる。

構造特徴(トンル形式)

TOPURT工法PCR工法協会概要お問い合わせ